再びドル安へ?不安定な相場を乗り切るリスク管理

今月上旬の米雇用統計を終えて、
大きく上昇に向かっていたドル円相場。

しかし、7月10日(水)の夜から、
再び方向転換して相場は下落し始めました。

これは、パウエルFRB議長の議会証言や
FOMC議事要旨といった要因が
ドル安に影響したと思われます。

さらに、
イランを巡る緊張感が上がる要因も
見られたことも重なって、

一時、108円以下まで
下がった場面もありました。

5月以降、
なかなか109円台まで
上がることができていないドル円は、

この夏、
相場がどのような方向に進むのか、
慎重に判断したいものですね。

リスク管理だけじゃない!
効果的な「損切り」を考える

このように
相場状況がちょっとしたイベントで
大きく変わりやすいとき、

相場の方向性を判断するのが
容易ではありません。

また、その中でも
特にポイントになるのが

「損切り」

を置く位置の判断です。

なかなか効果的な
損切り位置を見つけられないと、

何度も損切りを
繰り返してしまったり、

予測した方向性は合っていたのに
損切りラインにタッチしてから
相場が動いてしまったり、

なんてことが
頻繁に起こる可能性があります。

この点について、
FX-Jinさんが
ライントレードを取り上げながら、

最適な損切りをするための
アドバイスをしていますので、
この機会に、参考にしてみてください^^

ライントレードで守りを固める – 損切り位置を学ぼう1回目

ライントレードで守りを固める – 損切り位置を学ぼう2回目

実は、損切りをマスターすることは、
リスク管理だけでなく、

利益を上げることにも
繋がるとFX-Jinさんは言います。

あなたが損小利大の
効率的なトレードを実現したいと思ったら、

絶対に逃せない
スキルだといえますので、

ぜひ記事を参考にしながら
効果的な「損切り」を習得してみてください!

下落続きのポンド!今後の動きとリアルトレードをプロが解説!

最近のポンド系通貨は
どれも下落が続いています。

原因としては、
やはりイギリスのEU離脱問題や、
次期首相を巡る問題が考えられるでしょう。

まだまだ話題の絶えない
イギリスですので、

今まで以上に
ファンダメンタルズにも注目した
トレードが重要になってきそうですね。

ポンド絡みの通貨ペアを選んだことがない
という方は、この機会に
選択肢のひとつとして学んでみてください!

稼ぎたい人はポンド円!高利益の秘訣は大きな値動きを利用したトレード

また、水平ラインを使いながら
相場解説をしてくださる本田さんも、

現在の下落続きのポンドを題材に
記事の中で解説しています!

ポンド円の下落が止まらない4つの要因とは?

いまの相場を形作っている4つの原因と
今後の予測について、
丁寧に語ってくださっているので、

ぜひ今後のトレード戦略の参考に
してみてください☆

ポンド円とポンドルでの
リアルトレードを大公開!

ポンド絡みの通貨ペアに
注目しているのは
本田さんだけではありません!

ゲイトレーダーのもってぃーさんも
ポンド円とポンドルでトレードを行った様子を
記事の中で紹介しています^^

負けてしまうトレードは◯◯が原因!?

また、そんなもってぃーさんの
トレード結果をきっかけにして、

勝つために必要な心構えや
トレード時に注意しなければいけない点も
解説しています。

以前の記事でも
「ポンドはボラティリティが高いからこそやりやすい」
と語っていたもってぃーさん。

通貨ごとの特徴を捉えると
さらにトレードの幅は広がります。

今後、わかりやすい相場を見つけたら
ぜひポンド系の通貨ペアも
選択肢のひとつに加えてみてくださいね。

相場の変化に対応するために絶対必要なこと

先日、アメリカの雇用統計が
発表されましたね。

前々回の発表のときは
相場が大きく揺れ動いて、

ドル円だと
約45pipsもの変動が
見られました。

先週の木曜日は
アメリカの独立記念日だったこともあり、
落ち着いた相場状況でしたが、

果たして今回は
どんな影響が見られたのか。

この機会に、

「なんでトレーダーは
 雇用統計が気になるの?」

と感じた方は、こちらの記事で
予習しておきましょう^^

雇用統計でトレードするのはギャンブルなのか!?

来月、来年も同じとは限らない!
為替相場の不思議

ところで、
ファンダメンタルズについて調べると
ほとんど教科書的に

「米雇用統計」

について注目されていますが、
実は、振り返ってみると
昔はそれほど注目されていませんでした。

つまり、FXにおいて
注目される、相場を動かす要因は、
時代によって変化するということです。

これは、米雇用統計だけではありません。

先日の北田さんの記事でも
触れていましたが、

たとえばリスクオフの相場で
トレードされる通貨も
少しずつ、変化があるといいます。

リスク回避の「円買い」はもう時代遅れ?

さらに、
テクニカル分析の視点でも、

相場が変化し続けている点と、

その中でトレーダーに
求められてくるスキルについて、

ちょうどFX-Jinさんも語っています。

安定したトレードで稼ぎ続けるために

先月の米雇用統計は大きく動き、
また、FOMCも注目を集めたばかりです。

しかし、それは今月、来月と
続くとは限りません。

そこに対応するためには、
日頃からの

【継続学習】

が、なによりも重要です。

「米雇用統計は大事!」
と一度覚えても、数年後には
通用しない知識かもしれません。

「このロジックは使える!」
と思っても、来年の相場には
合わないかもしれません。

そうした変化に対応するためにも、
常に情報を取り入れることが
とても大切なんですね。

ぜひ継続学習を通じて、どんな場面でも動じずに、
しっかりと利益を狙える
常勝トレーダーを目指しましょう☆