勝ち組トレーダーは米雇用統計をどう見ているのか?

先週は、アメリカに関する話題が
後を絶たない一週間だった、
といえるかもしれません。

1月は、過去最長となっていた
米政府機関の閉鎖がひとまず解除となりました!

それに伴って、
延期となっていた指標発表も
順次、公開されていきましたね。

ファンダメンタルズの影響が気になる
トレーダーの方にとっては、
なかなか落ち着かなかったことでしょう。

さらに先週は、FOMCの影響が
ドルストレートに大きく表れました!

昨年末の会合では、
今年2回の追加利上げに踏み切る
政策シナリオを公表していましたが、

今回、追加利上げを
棚上げする内容となったことが
要因のひとつと考えられます。

価格も一時、108.8円近くまで
下落しましたね。

その後、金曜日の雇用統計によって
さらに反転してドル円相場は急上昇。

今週の相場状況にも
影響を及ぼしています。

稼げるトレーダーは
相場の「◯◯」に注目している!

ちなみに、
これは以前の記事でも
お伝えしてきましたが、

こうした重要指標が発表される時、
ファンダメンタルズ要素を
深追いしすぎるのは禁物です……!

たとえば雇用統計の予想を
入念に行ったとしても、

実際の結果がどうだったら
相場がこれくらい動く……というのは、
ハッキリ言えないですよね?

このように、「事実」「結果」をもとに
トレードすることの重要性は、
実際にプロトレーダーもお伝えしています。

「予想」よりも「事実」が利益につながる

機関投資家の真実~機関投資家が裏読み!米中貿易戦争とニュースの○○を見よ!!

ファンダメンタルズ要素を
トレードに活かす際は、

ぜひ、経済指標ばかりに振り回されず、
それが影響した相場そのものを
受け入れながら、トレードしていきましょう^^

また、この時、
揺れ動く相場を見ているうちに、
不安に感じてしまう方も
いるかもしれませんね。

FXはスキル面ばかりでなく、
時にはメンタル面の強化も重要です☆

意外と重要!FXトレーダーの「メンタルコントロール術」

ぜひ、さまざまな情報におぼれて
相場を見る目がくすんでしまわないように、

・冷静な相場分析
・的確なトレード判断

こうしたポイントを押さえながら、
FXで利益を上げていきましょう!