貿易戦争、EU離脱も怯えない!プロがトレードポイントを教えます

先週はアメリカと中国による
米中通商協議が、
相場に大きな影響を与えましたね。

ドル円相場で、
最初に目立った動きを見せたのが
4月3日(水)でした。

この日は、米中貿易問題が
最終合意にむかっている報道があったことが
影響していたようですが、

その後、4月4日(木)には
トランプ大統領からも、

「4週間以内に合意に達する可能性がある」

といった見解が示されました。

そして先週の金曜日、
4月5日(金)の午前9時ごろ、

中国の習近平国家主席が
米中通商協議の早期合意を求めたことで、
さらにドル円は上昇に転じました。

ただ、この日は、
米雇用統計の発表も控えていたため、

ファンダメンタルズと相場の動きには、
今週も引き続き十分、注意しておきたいところです。

警戒しすぎも禁物!?
成功者が知るファンダ要素との付き合い方

米雇用統計のように、

・世界中のトレーダーが注目している
・発表のタイミングが決まっている

なんて場合は、トレーダーとしても
事前に備えやすいですよね^^

一方、貿易問題やブレグジット問題などは
いつ、どんなきっかけで相場が動くのかわからず、
不安な方も多いでしょう。

ただ、あまり警戒しすぎると、
いつまでもトレードチャンスが見つからず、
FXで稼げなくなってしまいます……。

そんな中、ゲイトレーダーでおなじみ、
講師のもってぃーさんが、

ブレグジット問題に揺れるポンド円の
リアルトレードを解説しているので、
ご紹介しましょう☆

ポンドのボーナス相場でトレード!3月のリアルトレード解説

ゲイトレーダー流!裁量トレードで見逃せないポイント

イギリスとEUの「合意なき離脱」が噂され、
何かとポンド絡みの相場も荒れがちでしたが、

もってぃーさんは
どんなポイントを意識しながら、
トレードしたのでしょうか?

ファンダメンタルズ要素を見つめて、
「ほとぼりが冷めるまで待つ」
というのも、ひとつの選択肢ですが、

テクニカル分析と裁量スキルを磨いて
稼げるチャンスを増やすのも、
常勝トレーダーとして大切な要素です。

ぜひ、そのヒントを
もってぃーさんの記事から見つけて、
あなたのトレードに役立ててくださいね^^