GW相場は嵐の予感?思わぬ大損失を防ぐために

イースター休暇の月曜日から始まった、
4月末の一週間でしたが、
昨日、ドル円が大きく跳ねましたね。

4月25日(木)になって間もなく、
ドル円は数時間で70pips近い上昇。

112円を超える動きで、
今年の高値更新を記録しました。

一時的とはいえ、
これまで何度も試してきた112円の壁を
ついに突破しましたね^^

ただし、このまま
楽観的になるわけにもいきません。

日本では明日から、
最大10連休の
ゴールデンウィークが始まります。

月曜日の相場状況のように、
主要国が休場のときは
相場の値動きが鈍くなりがちです。

また、世界的なニュースから
予想以上の変動を見せることもあり得るので、

大型連休中にトレードしたい方は、
広い視野で見ながら
十分に気をつけて取り組んでいきましょうね^^

ゴールデンウィーク前に知りたい!
相場の注目ポイント☆

ところで、今回の動き・・・

「今年あった、とある動き」に
似ていると思いませんか?

そう、1月初めに起きた
【フラッシュ・クラッシュ】です!

もちろん、当時と状況も異なりますし、
まったく同じものだとはいえないんですが、

つい数ヶ月前の出来事ですし、
ふと、あの日のことを
思い出された方もいるんじゃないでしょうか?

実際に、プロトレーダーも
年明けの動きを思い出しながら、

この「ゴールデンウィーク」を前に
改めて、今後の相場について、
それぞれ分析しています。

23日(火)に更新された
講師の北田さんは、

ゴールデンウィークの相場動向に加えて、
日米貿易の交渉や、日銀の動きなどについて
今後の懸念点を挙げています。

GWの相場動向と、要警戒のファンダメンタルズ

また、サポレジラインを駆使しながら
くわしく相場解説する、講師の本田さんは、

今回の一時的な変動を踏まえて、
今後のドル円相場の見通しを分析してくれました。

ドル円の今後の方向性を分析!GW直前の◯◯がカギ?

最初にもお伝えしたとおり、
ゴールデンウィークは普段の相場とは
少し違った動き方をする可能性があります。

先ほど紹介した記事の中で、
本田さんも、

「トレーダーが油断しきっているタイミングで、
 意表をつくような動きを見せるのが相場」

と語っています。

たとえばいま世間では、
今年予定されている日本の増税が
どうなっていくのか、

といった話題なんかも
注目されていますよね。

つまり、まだまだ
ファンダメンタルズ要素は
盛りだくさんだといえるので、

テクニカルな視点と
うまく組み合わせながら、

上手に利益を獲得できる
常勝トレーダーを目指しましょう!