リスクを事前に察知!ファンダ要素を活かす方法

先月は要人発言をきっかけに、
相場が大きく動いた月でしたね。

さらに前回の記事でも
取り上げたような、

各国の政策金利についても
市場は敏感に反応している様子です。

世界的な話題としては、
イギリスのEU離脱問題も
まだまだ見逃すことはできませんし、

今年の6月は、
これまで以上に予想しにくい
相場が続くかと思われます……。

「ファンダメンタルズって怖い!」

なんて方もいるかもしれませんが、
ファンダ要素によっては、

事前に発表のタイミングが
わかる場合もありますよね。

それが【指標発表】です☆

事前にわかっていれば、
利益に変えたり、リスク回避したり
することもできちゃいます!

そこで今回は、
経済指標を味方にする方法と、

相場が急に大きく動いた時の
対処法をお伝えしたいと思います!

経済指標を味方にする!
急な値動きこそ、冷静に!

世界中のファンダメンタルズ要素を
把握しておくと、

どのタイミングで値動きするのか
ある程度、予想が立てられますが、

ただ、自力で情報を集めようとすると、
大変ですよね。

そこで便利なのが、

【経済指標カレンダー】

どの国が、いつ、
何を発表するのかが分かる
スケジュール帳のようなものです。

詳しい使い方はこちらの記事で
紹介していますので、

ぜひ、あなたのトレードに
役立ててくださいね^^

急変動に動じない!「経済指標発表カレンダー」をFXトレードに活かす方法

さて、指標発表を
有効活用することが
できたとしても、

冒頭に触れたような
要人発言の何気ない一言から
急な値動きにつながることもあります。

たとえば、突然の値動きにだまされて、
「飛び乗り」するのは、
とても危険なトレードです。

逆に、有効だといわれているのが、
「飛び降り」といって、
危機感を覚えたところで決済してしまうこと。

詳しい説明はこちらの記事で
紹介していますので、ぜひご覧ください!

FXで厳禁の「飛び乗り」と有効な「飛び降り」

FXはもちろん、
テクニカル分析も重要です。

しかし、昨今の相場は
指標発表や要人発言といった、

ファンダメンタルズ要素を
無視するのは難しいといえます。

これからの時代、
FXで安定して稼ぐためには、

リスクにもリターンにもつながる
ファンダメンタルズを、

きちんと把握、意識しておくことが
必須スキルといえますので、

まずは、ぜひ今回ご紹介した
2つの記事を参考にしてみてくださいね!