トランプ砲には要注意?ドル円とリスクの関係に迫る!

先週は、
これまで下落が続いたドル円も
一時、跳ね上がった場面もありましたね!

これは26日(水)、
アメリカのムニューシン財務長官が、

「米中通商交渉は90%ほど完了していた」

との見解を示すニュースが
報じられたことが影響したとみられています。

さらに、27日(木)には
G20サミットを前に、

米中貿易戦争の一時休戦で
合意があったとも報じられました。

一時、106円台にも
突入していたドル円ですが、

今日から始まった
G20サミットの影響を受けて
相場が乱高下するのか、

引き続き、
目が離せない展開が続きますね^^

ドル円相場は
これからどこに向かう?

更新されたばかりの
FX-Katsu先生の記事でも、
ドル円が注目されています。

今週はドル円に大注目!トレードしやすい根拠が揃っています!

実際に、
今週は大きく下げていた
ドル円ですが、

ファンダメンタルズ要因を受けて、
今週もどのように動くのか、
意識して見る必要がありそうですね。

ただし、ここで
注意しておくべきなのが、

リスク回避に選ばれる
「避難通貨」がいま、どこなのか、
というポイント。

この点に言及していたのが、
北田さんの記事です。

リスク回避の「円買い」はもう時代遅れ?

「あそこの情勢が怪しいから
 ひとまず、この通貨を持っておこう」

とリスク回避の意味で
使われる「避難通貨」ですが、

実は、この通貨は
これまでに何度か変化がありました。

現在は「リスク回避の円買い」と
いわれることが多いですが、

それが今、
別の通貨に変わろうとしているのでは?
と北田さんは語ります。

その意味でも、
今後、ファンダメンタルズ要因で
動きやすい通貨ペアも、

大きく変わる可能性は
十分にあり得ますね。

大切なのは、
教科書通りのトレードではなく、

きちんと目の前の相場に
あわせたトレードを心がけるべきです。

あなたの大切な資産を
増やすためにも、
ぜひ、相場の変化には
敏感であり続けましょう^^